アコムの金利について調査してみました

消費者金融の利用時に必ず注目するのが金利の設定額です。アコムの金利はいくらくらいになるのは発表させてもらいます。
11

そもそも、金利というものですが、実は制限というものを設けられています。利息制限法という法律があり、それをアコムなどの消費者金融業者は守らなければいけません。以前は出資法という法律が適用されていた点にも注目です。

 出資法について

貸金業法の改正や過払い金訴訟の判決まで消費者金融業者が採用していた法律になります。最高の金利は、年利で29.2パーセントという数字になります。2006年前後までは、その最高利率を採用して貸金業を行っていた消費者金融がほとんどです。

利息制限法について

最高の年利は、出資法よりだいぶ低くなります。さらに、借金元金により、最高利息の違いが出てきますので、自分の借金元金のチェックをすることも忘れてはいけません。ちなみに現在では、ATM手数料は金利分に含まれませんので注意してください。

 最高利息額
 借金元金が10万円未満の場合・・・年利で20パーセント
 借金元金が10万円以上100万円未満の場合・・・年利で18パーセント
 借金元金が100万円以上・・・年利で15パーセント

以上はすべて決められた数字になります。その数字以上の金利が適用されるのは不可とされています。ほとんどの方の借入限度額が数10万円という事を考えると、適用される金利は18パーセントまでと理解できます。

アコムの金利について

4.7パーセントから18.0パーセント
上記したように、18パーセントという数字が上限金利に設定されています。もちろん、100万円以上の利用設定されるケースには、15パーセント以下の金利が設定されるので安心してください。

最低金利が4,7パーセントということになりますが、最高融資額の500万円を借入する時に適用されるような数字になります。限度額が500万円に設定される方は基本的にほとんどいませんので、あまり関係ないと思ってください。