アコムとブラックリストの関係性について調査してみました

消費者金融の審査で欠かせないものとして信用情報があります。アコムでも実際に信用情報をしっかりと確認したうえで契約するかを判断していますので、その内容を詳しく解説します。
4

信用情報はそもそもブラックリストと言われるものになります。お金を取引情報などが掲載されており、その情報をもとに貸金業者は審査を行い、お金を貸せる人物か、そうではないかを判断しています。

消費者金融では、特に審査の短時間化を狙って信用情報による審査合否の比重を高めています。ちょっとしたマイナス情報でも審査落ちする可能性が指摘されていますので、審査を受ける前に自分の情報の質を考察するのもおすすめです。

アコムの審査でチェックされる信用情報内容

 他社の借入件数
 借入金額(総額)
 直近の申込件数
 債務整理情報

以上が主な内容です。これらの情報に何らかの問題があれば、アコムの審査は突破できないと思ってください。非常に重要な判断材料になるので、こちらをしっかりと確認してから申し込みを実施すべきです。

債務整理とは

借金を整理することを指しています。借金をしていて返済ができなかった時に採用される、自己破産や個人再生、特定調停や任意整理が該当します。ただ、それらを行ってから永遠にアコムが利用できないわけではありません。5年から10年経てば信用情報から消去されるので、その後は借り入れ可能です。

 他社の借り入れについて

借入件数が多いケース、借入金額が多いケースは審査落ちの原因になります。件数の限度は3件から4件となります。あまりに多い場合は、アコムの利用前にいくつかの業者の借金を返済してください。1件から2件になれば審査を突破できる可能性が出てきます。

 申込件数について

たくさんの消費者金融に申し込みを行っている場合には、新しい審査を受けても突破できないケースが多くなります。申込件数が多いと危険視されるからです。アコムの基準としては、ひと月以内に3件以上の申し込みがあると審査落ちとするケースがあります。